賃貸割合とは

相続がやって来たら

賃貸割合とは


相続がやって来たら 土地以外の財産評価

土地以外の財産評価に関する基礎知識・実務に関して
掲載していきます

ごゆっくりご覧ください。

 
 ★相続がやって来たら

 ★相続手続

 ★遺言・生前贈与

 ★自筆証書遺言

 ★公正証書遺言・秘密証書遺言とは

 ★遺言書がある場合

 ★遺言トラブル

 ★遺留分とは

 ★法定相続って

 ★法定相続分って

 ★相続人欠格・相続人廃除って

 ★遺産分割協議とは

 ★相続人関係図・相続財産目録とは

 ★寄与分と特別受益って

 ★相続放棄と限定承認って

 ★名義変更するには



 ★財産評価

 ★土地以外の財産評価

 ★その他の財産評価

 ★相続税

 ★相続税税額控除

 ★贈与税
相続がやって来たら土地以外の財産評価>賃貸割合とは

賃貸割合とは

所有家屋を貸し付けている場合、借家人が存在する場合の家屋の評価額は、賃借人に一定の権利があるものと考えられます。

そのため、貸家の評価額は、自用家屋の評価額から一定の金額を減額します。

自用家屋の評価額=固定資産税評価額×1.0

貸家の評価額=自用家屋の評価額−借家権の評価額

借家権の評価額=自用家屋の評価額×借家権割合×賃貸割合

賃貸割合=(A)のうち賃貸している各独立部分の床面積の合計
        当該家屋の各独立部分の床面積の合計(A)



相続相談はまだするな!!
相続問題なら、まずは無料相談から!!
Copyright(C)相続がやって来たらAll Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです
相互リンクも募集しています
メールでお気軽にご連絡ください
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします