〜便秘を改善するいろいろな方法〜

便秘のツボ〜便秘を改善するいろいろな方法〜

便秘を改善するにはなぜ便秘になるのかを知る


便秘を改善するには、まず便秘について知る必要がありそうですよね。

簡単に言うと、便秘には2種類あるといわれます。

まずは、病気がある場合ですね。

例えば、腸や肛門にボリープやガンがある場合などです。

この便秘を改善するには、お医者さんに診てもらう以外なさそうですよね。

もう一つは、生活習慣やストレスなどが原因で便秘になる場合です。

これが一般的な便秘ですね。

これらの原因で、腸の機能が低下するために便秘が起こるんですね。

どんな人でも最初はみんな軽い便秘なんです。

しかし、生活習慣の悪化やストレスをためこんだりすることが長期間続くと、だんだんと便秘が悪化していくんです。

では、生活習慣の悪化とはどんなことでしょうか?

朝忙しい時に、便意があるのに便意をがまんすることなどありますよね。

実は、それが度重なると便意そのものが起こりにくくなり、便秘を悪化させていきます。

不規則な生活をしていると、自律神経の働きが乱れてきます。

自律神経の働きが乱れると、胃腸のぜん動運動の働きが悪くなります。

ダイエットや水分不足も便秘を悪化させるといわれています。

ダイエットや水分不足は、便の量を少なくし、腸の運動を低下させます。

ストレスが強くある場合、緊張が続きますよね。

そんな場合にも自律神経の働きが乱れ、胃腸のぜん動運動の働きを悪くします。

運動不足も便秘を悪化させます。

運動不足になると、腸管の働きが鈍くなります。

また腹筋の筋肉が低下すると、便を外に押し出す力が弱くなるんですね。

高齢になることでも腸の働きや腹筋の筋肉が低下しますよね。

これらの生活習慣の悪化によって便秘になるんです。

便秘になるとは、便が出にくくなることですよね。

つまり、便秘になるとは便意がなくなることなんです。

実は、これが便秘を改善するうえで大切なポイントなんですね。

便秘を解消するにはなぜ便意が起こるかを知る


では、便意が起こる仕組みはどうなっているんでしょうか?

まず食べ物が胃に入りますよね。

そうすると胃壁が伸び、反射的に結腸が動き出します。

これを胃・結腸反射といいます。

それによって腸が動き出すんです。

そして、直腸に一定量の便がたまっていると、腸壁が刺激されます。

これを直腸反射といいます。

直腸反射が起こると信号が出され、脊髄を経て脳に伝わります。

脳に伝わったところで「便意」というものが起こるんです。

そして、脳から腸の周りの筋肉や神経に指令が出され、便が排泄されます。

ですので、便意を我慢する生活を続けていたような場合には、便意が自然に起こりにくくなるんです。

そうすると、下剤などに頼る生活になってしまうことがあります。

そして、人間の体は下剤にはすぐに慣れてしまうんですね。

すると、さらに便意が起こりにくくなり、さらに大量の下剤に頼ってしまうんですね。

それによって腸の機能低下が進み、便意がさらに弱くなるんですね。

つまり便意というのはとても大切なことなんですね。

便意を起こして、便秘を改善する方法をいろいろ掲載していきますので、是非使い勝手のよいように参考にしてみてくださいね。

どうぞこちらにお越しいただきありがとうございます。

↓日本一売れているオリゴ糖は?↓

カテゴリ
新生児の赤ちゃんの便秘の原因と改善法とは
幼児の便秘の原因にはいろいろある
幼児が便秘になると腹痛を伴うのはなぜ?
赤ちゃんが便秘でうんちが1週間出ていない
赤ちゃんの便秘の原因とは
赤ちゃんの便秘はオリゴ糖で改善するか
赤ちゃんが便秘で泣くようなとき
赤ちゃんが便秘でうんちがコロコロの場合
妊婦の便秘でお腹が痛いのはどうして
妊婦の便秘でお腹に力を入れるとどうなる
妊婦の便秘でお腹が張るときの対処法は
幼児の便秘にはオリゴ糖は効果があるのか
妊娠中の便秘にはオリゴ糖がよいのか
妊婦の便秘でお腹をいきむとどうなるか
妊娠初期の便秘で踏ん張るいきむとどうなるか
リンク集
Copyright (C)便秘のツボ〜便秘を改善するいろいろな方法〜All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします