〜便秘を改善するいろいろな方法〜

便秘のツボ〜便秘を改善するいろいろな方法〜

便秘を改善するにはなぜ便秘になるのかを知る


便秘を改善するには、まず便秘について知る必要がありそうですよね。

簡単に言うと、便秘には2種類あるといわれます。

まずは、病気がある場合ですね。

例えば、腸や肛門にボリープやガンがある場合などです。

この便秘を改善するには、お医者さんに診てもらう以外なさそうですよね。

もう一つは、生活習慣やストレスなどが原因で便秘になる場合です。

これが一般的な便秘ですね。

これらの原因で、腸の機能が低下するために便秘が起こるんですね。

どんな人でも最初はみんな軽い便秘なんです。

しかし、生活習慣の悪化やストレスをためこんだりすることが長期間続くと、だんだんと便秘が悪化していくんです。

では、生活習慣の悪化とはどんなことでしょうか?

朝忙しい時に、便意があるのに便意をがまんすることなどありますよね。

実は、それが度重なると便意そのものが起こりにくくなり、便秘を悪化させていきます。

不規則な生活をしていると、自律神経の働きが乱れてきます。

自律神経の働きが乱れると、胃腸のぜん動運動の働きが悪くなります。

ダイエットや水分不足も便秘を悪化させるといわれています。

ダイエットや水分不足は、便の量を少なくし、腸の運動を低下させます。

ストレスが強くある場合、緊張が続きますよね。

そんな場合にも自律神経の働きが乱れ、胃腸のぜん動運動の働きを悪くします。

運動不足も便秘を悪化させます。

運動不足になると、腸管の働きが鈍くなります。

また腹筋の筋肉が低下すると、便を外に押し出す力が弱くなるんですね。

高齢になることでも腸の働きや腹筋の筋肉が低下しますよね。

これらの生活習慣の悪化によって便秘になるんです。

便秘になるとは、便が出にくくなることですよね。

つまり、便秘になるとは便意がなくなることなんです。

実は、これが便秘を改善するうえで大切なポイントなんですね。

では、便意が起こる仕組みはどうなっているんでしょうか?

まず食べ物が胃に入りますよね。

そうすると胃壁が伸び、反射的に結腸が動き出します。

これを胃・結腸反射といいます。

それによって腸が動き出すんです。

そして、直腸に一定量の便がたまっていると、腸壁が刺激されます。

これを直腸反射といいます。

直腸反射が起こると信号が出され、脊髄を経て脳に伝わります。

脳に伝わったところで「便意」というものが起こるんです。

そして、脳から腸の周りの筋肉や神経に指令が出され、便が排泄されます。

ですので、便意を我慢する生活を続けていたような場合には、便意が自然に起こりにくくなるんです。

そうすると、下剤などに頼る生活になってしまうことがあります。

そして、人間の体は下剤にはすぐに慣れてしまうんですね。

すると、さらに便意が起こりにくくなり、さらに大量の下剤に頼ってしまうんですね。

それによって腸の機能低下が進み、便意がさらに弱くなるんですね。

つまり便意というのはとても大切なことなんですね。

便秘を改善する食生活の改善とは


便秘を改善するには、食生活を改善するしかないんですね。

手軽なところから始めるとすると、まずは水分をたっぷり摂ることですかね。

水分は便をほどよいやわらかさにしてくれ、排便をスムーズにしてくれるんですね。

摂った水分の90%は小腸に吸収され、大腸へは10%しかいかないので、たっぷりと摂ることが必要なんですね。

摂る量のの目安としては1日1.5リットル〜2リットルといわれています。

特に、朝起きてすぐに飲む水は、空っぽの胃を刺激して胃・結腸反射を起こしてくれ、小腸にあった消化物を結腸に押し出してくれるんですね。

朝は自律神経の働きで胃・結腸反射が起きやすい時間なんですね。

ですので、まずは朝起きて一番に水を飲む習慣をつけることが便秘改善によいかもしれませんね。

次に、食物繊維を多く含む食品を摂ることも大切ですよね。

食物繊維とは、食品中に含まれる消化されない成分で、便の材料になるので便の量を増やしてくれるんですね。

食物繊維は水分を吸収すると膨らむ性質があり、スポンジが水を吸い込むように便をやわらかくしてくれるんです。

また、腸を刺激してくれ、ぜん動運動を促してくれます。

便が腸内にとどまる時間を短縮してくれるため、大腸壁に吸収される水分量も少なくなり、やわらかい便のままスムーズに排出できるようになるんです。

食物繊維の種類によっては、腸内細菌の発酵作用を受けて分解されるものもあり、その場合、分解された繊維はビフィズス菌などの善玉菌を増やしてくれるんですね。

また、分解される際には乳酸や酪酸などの酸を出し、これらの酸は大腸を刺激する下剤のような作用があり、さらに排便をスムーズにしてくれるんですね。

食物繊維を摂ることは便秘を改善するには避けては通れないんですね。

例えば、いつも食べている白米を玄米に変えてみる。

スーパーなんかに売られている発芽玄米なんかは、炊きやすく手軽に調理できますよね。

ただ、100%玄米だと消化不良を起こすこともあるので、七分づき米にしたり、玄米をやわらかめに炊いたりするのがよいかもしれませんね。

玄米が苦手だったり面倒な場合には、普通の白米に根菜や乾物を一緒に入れて炊くのも、食物繊維を多く摂ることができそうですよね。

スーパーで売っている大豆の水煮缶などをお米と一緒に炊きこむと、おいしい豆ごはんになりますよね。

大豆は皮つきなので、たくさんの食物繊維を摂れるし、手軽ですよね。

また、乾燥ヒジキを入れて炊きこむと、ヒジキご飯になりますよね。

寒天を入れて炊きこむこともできそうですよね。

棒寒天を洗って水で軽くもどし、小さくちぎってご飯を炊きこむと、モチッとした食感で意外とおいしいんですよ。

さらに、ご飯を食べるときに味噌汁も加えると便秘改善に効果的なんですね。

味噌、醤油、みりんなどの日本食の調味料は発酵食品で、乳酸菌や酵母菌を多く含み、これらは腸内の善玉菌を増殖させて、悪玉菌を抑えてくれるんですね。

また、ぜん動運動などの腸の働きを活発にする働きもあるんです。

お湯を入れるだけで手軽にできる味噌汁の素などが売っていますから、それに乾燥ワカメなど入れると、さらに食物繊維が豊富になりますよね。

漬物も乳酸菌を多く含み、胃などで死滅しないので生きたまま腸まで届いてくれ、善玉菌を増やしてくれるんですね。

具体的には、しば漬け、ぬか漬け、キムチ、ザーサイ、野沢菜、すぐきなどで、お好きなものを一品だけでも、ご飯のおかずに加えれば便秘改善には効果がありそうですよね。

漬物の材料である野菜はビタミン、ミネラル、さらに食物繊維も豊富なんですね。

ちなみに、漬物の乳酸菌はGABAという成分を作り出すといわれ、このGABAは血圧やコレステロールを下げてくれる働きがあるんですね。

漬物はつける時間が長いほど発酵が進み、発酵が進めば進むほど乳酸菌もGABAも増えてくるんですね。

ただ、あまり発酵しすぎると酸っぱくなるので、ご自身のお好みの発酵具合でよいと思いますよ。

手軽にできるご飯、味噌汁、漬物、それとお好みのおかずを朝ご飯で食べるよう習慣づけると、それだけで便秘が改善できそうですよね。

朝は自律神経の働きで胃・結腸反射が起きやすいといいましたが、朝一番の水でぜん動運動を促し、さらに朝ご飯を食べるとすぐにでも便意が起きそうですよね。

便意が起きたら、我慢してはいけませんよ、必ず逆らわないでくださいね。

もし、朝が忙しくてゆっくりご飯が食べられないような場合、手軽にフルーツをかじっていくだけでもよいかもしれませんね。

バナナ、リンゴ、キウイ、どんなフルーツでもいいんですが、新鮮なものがよいですよね。

フルーツは食物繊維が豊富で、便の材料となってカサを増してくれ、腸のぜん動運動を促してくれるんですね。

少し時間があるなら、フルーツを皮つきでぶつ切りにして、その上にヨーグルトをかける。

ご存知のようにヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますよね。

ヨーグルトの乳酸菌は、胃酸や胆汁酸に弱く腸に届く前に死滅するといわれますが、それは心配いらないんですね。

乳酸菌が死んだからといって、効果がないわけではなく、死んだ乳酸菌でも生きて届く乳酸菌と同じように、腸内の善玉菌を増やしてくれるんですね。

ですので、生きて届く乳酸菌のヨーグルトを買う必要はないので、ご自身の好きなヨーグルトでいいんですね。

フルーツにヨーグルトをかけて、さらにもうひとかけ、オリゴ糖をかける。

オリゴ糖は大腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサになり、善玉菌をすごい量で増殖させてくれるんです。

オリゴ糖は熱や酸に強い特性を持つので、胃酸や消化酵素に分解されずに腸まで届くんです。

データによると、腸に占めるビフィズス菌の割合がオリゴ糖を飲む前は17.8%だったものが、オリゴ糖を飲み続けた1週間後には38.7%になり、2週間後には45.9%になったといわれています。

ただ、飲むのをやめると1週間で元の状態に戻ったといわれますから、続けることが大切なんですね。

オリゴ糖は砂糖のカロリーの半分以下ですので、砂糖代わりに使うとダイエット効果もありそうですよね。

料理やコーヒー、紅茶に入れるだけで便秘が改善できるかもしれませんね。

手軽な方法だけを挙げてみましたので、やりやすいところから試してみてくださいね。

↓日本一売れているオリゴ糖は?↓

カテゴリ
便秘が何日続くとやばいのか
便秘が原因でめまいや冷や汗で倒れることがあるのか
便秘が原因で胸が苦しいことがあるの?
便秘が原因でみぞおちの痛みなどがあるのか
便秘が原因で胸がむかつくような場合の解消法とは
赤ちゃんの突然の便秘を解消する方法
便秘と喉の違和感は関係があるのか
便秘が原因で臭い体臭や口臭がする
ダイエットをしても便秘で体重が減らない
便秘が原因の体臭はどんな臭いがするのか
便秘が原因であごにニキビや吹き出物ができる
便秘で左下腹部に違和感や痛みがある
便秘が原因で吐き気や肩こり、偏頭痛まで起こることがある
便秘の赤ちゃんに冷たい水をあげてよいのか
ヨーグルトで便秘は治らないのか
便秘だと太りやすいのか
幼児が突然に便秘になってしまったら
便秘が原因の吹き出物やニキビを解消する
便秘で大人が発熱するようなとき
便秘に即効で効果のある食材を挙げてみました
腹部膨満感を感じたり吐き気や胃痛がありおならがよく出るのは便秘が原因
コロコロの便や細い便になるような便秘を解消するには
便秘が原因で貧血が起きたり冷や汗が出る
便秘で左脇腹の違和感や痛みを改善するには
うつ病は便秘になりやすく腹痛が起こりやすい
便秘が原因の胃痛や吐き気とは
便秘で苦しい腹痛や気持ち悪いお腹の張りがある
便秘の苦しい吐き気を解消する
妊娠中の苦しい便秘を解消するには
子供の便秘を解消して血便を治してあげたい
彼女の口臭の原因の便秘を解消するには
便秘で苦しくて眠れないときの対処法とは
便秘で胃痛や背中痛がある
妊婦さんの便秘と苦しい吐き気を解消するには
子供が便秘で検便が提出できない
子供の便秘を即効で解消する方法とは
便秘なのだが健康診断での検便が心配
苦しい便秘を解消したい
便秘で苦しく痛いような場合の原因とは
人間ドックの検便採取のために便秘を改善する
新生児の赤ちゃんの便秘の原因と改善法とは
幼児の便秘の原因にはいろいろある
幼児が便秘になると腹痛を伴うのはなぜ?
赤ちゃんが便秘でうんちが1週間出ていない
赤ちゃんの便秘の原因とは
赤ちゃんの便秘はオリゴ糖で改善するか
赤ちゃんが便秘で泣くようなとき
赤ちゃんが便秘でうんちがコロコロの場合
妊婦の便秘でお腹が痛いのはどうして
妊婦の便秘でお腹に力を入れるとどうなる
妊婦の便秘でお腹が張るときの対処法は
幼児の便秘にはオリゴ糖は効果があるのか
妊娠中の便秘にはオリゴ糖がよいのか
妊婦の便秘でお腹をいきむとどうなるか
妊娠初期の便秘で踏ん張るいきむとどうなるか
リンク集
Copyright (C)便秘のツボ〜便秘を改善するいろいろな方法〜All Rights Reserved
免責事項
当サイトの情報を利用してトラブル等が発生しましても、管理人は一切責任を負うものではありませんのでよろしくお願いいたします